羅針盤nEWS

羅針盤NEWSは、2chの社会・生活・芸能など幅広く面白いと思ったニュースをまとめて発信します。面白いと思った方、フォローよろしくお願いします。あなたの羅針盤はどちらを向いていますか?


    展示中止言及「憲法違反が濃厚」 大村知事が河村氏批判 - 朝日新聞
    愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会が企画展「表現の不自由展・その後」を中止したことを受け、実行委会長 ...
    (出典:朝日新聞)


    愛知県知事一覧(あいちけんちじいちらん)は、愛知県の歴代県令・知事(官選:39代38人/公選:18代6人)の一覧である。 データの出所 (候補者、得票数、党派) - 碧南市選挙管理委員会「選挙の記録」 データの出所 (投票率) - 名古屋市選挙管理委員会、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2
    26キロバイト (811 語) - 2019年4月27日 (土) 10:29



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    あれぇ、どういうことだぁ?

    1 Toy Soldiers ★ :2019/08/15(木) 22:01:10.53

    大村秀章 「愛知県に慰安婦像を設置する会」会長

    韓国は「敵」なのか - 市川速水|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019073100014.html?page=3


    サイト 韓国は敵なのか
    https://peace3appeal.jimdo.com/

    韓国は敵なのか 声明への賛同者一覧
    https://peace3appeal.jimdo.com/%E8%B3%9B%E5%90%8C%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7/

    画像

    (出典 i.imgur.com)



    関連
    津田大介と大村知事

    (出典 i.imgur.com)


    あいちトリエンナーレ ロゴ

    (出典 i.imgur.com)



    ★1:2019/08/15(木) 08:46:38.02
    ※前スレ
    【反日アート展】な、な、なんと、愛知県の大村秀章知事、『「愛知県に慰安婦像を設置する会」会長』と署名してた!★3 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565833144/


    【【衝撃事実!】なんと、愛知県の大村秀章知事、「愛知県に慰安婦像を設置する会」会長と署名してた!?】の続きを読む


    亡霊のように生き残るフロッピーディスク 最近まで米の中枢で使用? - livedoor
    過去の遺物と思われているフロッピーディスクの現在を紹介している。一部で生き延びており、IT大国の米国の中枢で最近まで使われていたそう。まだしばらくは、フロッピー ...
    (出典:livedoor)


    フロッピーディスク (floppy disk) は、磁気ディスクの一種で、磁性体を塗布・蒸着した樹脂製小円盤を樹脂製の保護ケースに入れたものである。 本来は記録媒体(メディア)が「フロッピーディスク」または「フロッピーディスクディア」で、駆動装置(駆動し読み書きする装置)が「フロッピーディスクドライブ」(FDD)
    67キロバイト (9,768 語) - 2019年8月14日 (水) 09:49



    (出典 upload.wikimedia.org)


    あれは、衝撃的なメディアでした。

    1 納豆パスタ ★ :2019/08/16(金) 06:54:10.33

    フロッピーディスクは今?「面倒を見る人」がいなくなった現状
    ハーバービジネスオンライン 2019.08.12 柳井政和
    https://hbol.jp/199114


    (出典 hbol.jp)


    ●フロッピーディスクドライバーの面倒を見る人がいなくなった

     7月の末に「Linuxでフロッピーディスクドライバーの面倒を見る人がいなくなった」という趣旨のニュース(ZD Net)が流れてきた。フロッピーディスクドライブは、過去の遺物になっている。Linuxでフロッピーディスクドライバーの開発を担当していた人は、ハードウェアをもう所有していなかったそうだ。
    https://japan.zdnet.com/article/35140578/

     ただ、仮想フロッピーディスクドライブについては現在も需要があるようだ。そして、仮想デバイスならではの問題も発生している。実際のハードウェアから切り離されて高速に動作するようになったことで、現実のフロッピーディスクでは発生しなかった競合が起き、メンテナンスが必要だったそうだ。

     そういえば、今年の3月に話題になったWindows 95の最速インストールを競うタイムアタックでは、オリジナルのフロッピーディスクやCD-ROMのイメージを使ってインストールするという話があった。古いソフトウェア資産を利用する際に、こうした機能が必要になるのだろう。
    https://ha*aday.com/2019/03/09/speedrunning-windows-95/

     フロッピーディスクについては、ユーザーインターフェース方面の話題もある。「データの保存を意味するアイコンがフロッピーディスクなのはどうなのか」という話題は定期的にネットで登場する。「保存 フロッピーディスク」という単語でGoogle検索すると、多くの記事があるのが分かる。
    https://www.google.com/search?q=%E4%BF%9D%E5%AD%98+%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF

     フロッピーディスクは過去の遺物ではあるが、人類の記憶から完全に抹消されたわけではない。

    「それにしてもフロッピーディスクか、懐かしい……」

     そう思うと同時に、フロッピーディスク界隈は今どうなっているのだろうと疑問に思った。そこで少し調べてみることにした。

    ●フロッピーディスクが現役だった時代

     そもそもフロッピーディスクが何なのか知らない人もいると思う。20年以上前には、データを保存して持ち出すと言えばフロッピーディスクだった。パソコンにはフロッピーディスクドライブが付いていた。しかし、そうしたパソコンはどんどんなくなり、現在ではフロッピーディスクドライブが付いているパソコンは皆無だ。

     フロッピーディスクは記憶媒体のひとつだ。プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、プラスチック製のケースに収めたものだ。8インチ、5.25インチ、3.5インチなどのサイズがあり、少しずつ形状が違う。

    (略)

     1.44MBというと、スマホで撮影した写真1枚よりも容量が少ない。しかし、テキストファイルを保存する分には、それほど困ることもなかった。

    https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF-8529
    http://www.kogures.com/hitoshi/history/pc-disk/index.html
    https://blogs.itmedia.co.jp/yokoyamat/2017/04/_35.html
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/22/news058.html

    ●フロッピーディスクの終焉と亡霊

    (略)

    http://www.mcmedia.co.jp/japanese/news/info/0031.html
    https://www.sony.jp/rec-media/info/20100423.html
    https://srad.jp/story/14/05/01/0840229/
    https://it.srad.jp/story/15/01/06/045226/
    https://it.srad.jp/story/16/05/28/2026232/

     ごく最近まで、IT大国のアメリカの中枢でさえこうした状況だ。機械によっては数十年現役の可能性がある。まだしばらくは、フロッピーディスクは世界の各所で使われ続けるのだろう。

    詳しくは記事リンク先へ

    関連
    【経営】製造終了したフロッピーディスクの販売を続ける社長にインタビュー
    https://potato.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1449737359/


    【【世紀の発明】フロッピーディスクは今?「面倒を見る人」がいなくなった現状とは?】の続きを読む


    「あいちトリエンナーレ」問題 有本香氏「昭和天皇をさげすむような作品に強い違和感」 反発を予想も…「津田氏は続ける覚悟もなかった」 - ZAKZAK
    「あいちトリエンナーレ」の大炎上が続いている。昭和天皇の写真を焼いて灰を踏み付けるような映像作品などが展示された企画展への批判が収まらないのだ。
    (出典:ZAKZAK)


    津田 大介(つだ だいすけ、1973年11月15日 - )は、早稲田大学文学学術院教授(任期付)、有限会社ネオローグ代表取締役、一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。 大阪経済大学情報社会学部客員教授、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任している。関西大学総合情報学部特任教授、
    25キロバイト (3,035 語) - 2019年8月14日 (水) 10:15



    (出典 sukusuku.tokyo-np.co.jp)


    ほう。

    1 幻の右 ★ :2019/08/16(金) 05:23:44.53

    企画展「表現の不自由展・その後」の中止をめぐる騒動が続く国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。芸術監督の津田大介氏が8月15日夜にツイッターを更新し、一連の騒動の経緯を説明して謝罪する文章を公表した。

    「あいちトリエンナーレ2019『表現の不自由展・その後』に関するお詫びと報告」と題した長文は、冒頭で混乱を招いたことについて「芸術監督として、責任を重く受け止めています」と謝罪。「現時点で僕が皆様にお話しできることをお話しします」と書き出した。

    「表現の不自由展・その後」は、河村たかし名古屋市長の発言や出展作品に対する抗議・脅迫が殺到するなどの経緯があり、8月3日に開始わずか3日での中止が決まった。その後は企画展の実行委員会メンバーやトリエンナーレに出展している作家などから中止判断に批判が集まっていた。

    津田さんは2日に「また一つ『表現の自由』が後退したかもしれない」と危惧する声明を発表。中止が決まった3日には、記者会見で「断腸の思い」と苦渋の決断について語ったが、それ以来、津田さん自身のコメントや感想はTwitterなどでも封印していた。今回のブログの文章は、中止以来初めて津田さん自身が口を開いたかたちだ。(中村かさね/ハフポスト日本版)

    「表現の不自由展」、開幕ギリギリまで伏せられた理由は?

    「表現の不自由展」はもともと2015年に、「平和の少女像」など美術館で撤去された作品などを集めた展示だった。今回の「表現の不自由展・その後」は続編にあたる。

    津田さんは、出展作品を選定する段階で、「平和の少女像」について「様々な懸念が予想されるため、実現が難しくなるだろう」とオリジナルの「表現の不自由展」の実行委に伝えていたという。

    だが、「展示の根幹に関わるという理由で『少女像を展示できないのならば、その状況こそが検閲であり、この企画はやる意味がない』と断固拒否された」とし、最終的には”事前検閲”にならないよう、実行委の判断を優先したと明かした。

    さらに、当初は6月末に出展作品について記者発表し、開幕までに十分な議論の時間を設けるはずだったが、警備の関係で直前まで内容を周知できなかったことも報告。

    街宣車やテロ対策などの点から「1カ月前に内容を告知すること自体が大きなリスクになる」との意見が専門家から上がり、警備上の都合からやむをえず、「安全性を高めるには、会期直前で内容を発表した方がいい」という結論に至ったという。

    また、抗議電話の殺到についても、新国立競技場の建築コンペの状況などを参考に、市民からの意見を受け付けるためのコールセンターなどへのアウトソーシングも検討した。だが、説明責任が必要な行政としては「ふさわしくない」と結論づけた。

    ニコ生対談は謝罪。不自由展は「大きな今日的意味があった」

    大浦氏の作品「遠近を抱えて」を鑑賞する人々。映像には「侮辱的だ」などとする批判が相次いだ。(プライバシー保護のため、一部画像を加工しています)
    2019年4月に放送されたニコニコ生放送での東浩紀さんとの対談にも批判が殺到していた。東さんも番組内での発言についてTwitterで謝罪を繰り返している。

    番組内で昭和天皇について「2代前」と語ったことに関して、津田さんも「作品に使われていた主権者としての昭和天皇は、僕にとっては、それ以前の天皇と同じように、歴史的、象徴的な存在だった」と釈明。「そうではない人々が抱く感情についてもっと想いを馳せるべきだったと反省しています」とつづった。

    一方、「表現の不自由展」自体については、「愛知県や名古屋市などの公的組織が関与した芸術祭においてなされるに相応しいものであったと今も考えています」と理解を求めた。

    (続きはソースで)

    HUFFPOST 8/16(金) 2:12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00010000-huffpost-soci&p=1


    【【津田大介氏】「どんな批判も甘んじて受け入れる」 お詫びと報告(あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」)】の続きを読む

    このページのトップヘ